エヌフィールドの看護サービスで障害と向き合う

エヌフィールドは、障害を持っている人が普通の人と同じように生活する事が出来るように看護活動を行っている会社です。病院のように医師が病気を診療するといった行為ではなく、患者さん一人一人に合わせた訪問による看護などのサービスを行う事によって、特に精神的な障害に対するケアを行う事に強みを持っている会社だと言えます。精神障害の場合には投薬治療のみでは効果が薄いという場合も多く、患者さんの個性に合わせた医療行為が必要になるという場合も少なくありません。そこで、エヌフィールドの訪問看護サービスを利用する事によって、精神的な症状が改善し、日常生活を楽しむ事が出来るようになったという事例も多いです。

具体的なケースとしては、統合失調症と呼ばれる症状に苦しんでいた男性が、薬の服用を拒み続け、症状が悪化してしまっていると言う状況がありました。幻覚や幻想により、周囲の人に対する加害行為を行う事もあったために、精神病院への入退院を繰り返してしまうと言う状況にあったのです。そこで、訪問看護サービスを開始した結果、最初こそ部屋に入れてもらう事すらできなかったものの、患者さんへの丁寧な説明や信頼関係の構築への努力を惜しまなかった結果、薬の服用を医師の指示通りに行って貰う事が出来るようになりました。薬を正しく服用する事により、周囲の人に迷惑をかけてしまうという状況もほとんど無くなり、健常者に近い生活を送る事が出来るようになったのです。

また、エヌフィールドの訪問看護サービスは、定期的な訪問により患者さんの心身の調子を確かめるという作業を非常に大切にしています。そのため、患者さんの様子におかしな所があれば、医療機関と連携して症状の改善に努めるといった行為を行っているのです。過去の事例としては、アルコール依存症の症状に苦しんでいた患者さんが断酒に苦しんでおり、アルコールが切れてしまうと暴力行為や無銭飲食を繰り返してしまうと言う状況にありました。この状況を改善するために、訪問看護サービスでは訪問のたびにアルコールが行動に与える影響を繰り返し説明する事によって、本人の意識を変える事に成功したのです。この患者さんは特に夕方に飲酒欲求が強まるという傾向がありましたので、夕方の訪問指導を強化したところ、3年間もの間お酒を止める事が出来るようになりました。このように、患者さんと一緒に依存症を克服する事が出来るという環境は症状の改善に大きな効果を見込むことが出来るのです。

株式会社N・フィールド
http://www.nfield.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 日本においては国土が限られていますので、都心を中心にして限られたスペースで生活をしている人は多いでし…
  2. 老化現象などにおいて、衰える症状などを認めたくないような人も多いことでしょう。しかしながら、どのよう…
  3. 旅行に行って写真を撮ることが趣味の浦壁伸周は、28歳の男性です。男性だからこそ、グイグイと旅行先でも…

アーカイブ

ページ上部へ戻る